« ラ・カンパネラ | トップページ | 7/29の浴衣 »

2006.07.29

Musett Jazz Band@Django

5月のやねせんジャズフェスティバルで演奏したミュゼットのユニット、Djangoでもやることになりましたよーと小林クンから連絡をもらい、ワクワクとお出かけ。
やねせんで聴いたののさんがすんごーっく気に入っていて、そして音源を聴いた私も是非!と思っていたので、とても楽しみに来た。

お店に入ると既にいくつかのテーブルは埋まっていたけれど、なんだかんだで結局いつもの(汗)最前列席に。
目の前に、おっきなアコを抱えたおっきな田ノ岡さんがいる(笑)。
2006072902

お隣(っていうか後ろ?)の席には、なーんとブルドラのセッションにもよくいらしているアコの女性が!
発表会を終えたその足で来たとのことで、お仲間と一緒にアコを持参でいらしていた。

数年前のDiscovery Premium以来久々にお会いしたベースの池田聡さんを含め、3人とも安定した演奏でゆったりと聴く。
スタンダードのナンバーが多い中、小林クンのオリジナル「コバルス」のアコ入りバージョンも聴けて、大満足。
途中、それぞれの楽器についての説明もあったりして、かなり充実したライブとなった。

更に最終ステージでは、”せっかく楽器を演奏される方がたくさんいらっしゃるし、少し遊びましょう。”と、まずはアコの女性二人とセッション。
続いて、ののさんもー!とマスターから促されてお店のギターを引っ張り出し、「ヌアージュ」を演奏。
しかも、ほとんど1曲ののさんがソロ。
バッキングを弾いていようとすると、田ノ岡さんのおっきな体がずずずぅっと寄って行ってプレッシャーをかける(笑)。
あはあは笑っていたら、なんとののさんが今度は私にギターを押し付け、仕方なく浴衣姿で「マイナースウィング」。
もー、こんなメンバーとどうして私ごときがー!と、めちゃめちゃ緊張してしまった。

ちなみに木曜のブルドラセッション、金曜のTIGREに続き、この日で小林圭吾3dsays。
小林クンが忙しいと、私も忙しい(笑)。

|

« ラ・カンパネラ | トップページ | 7/29の浴衣 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/11163603

この記事へのトラックバック一覧です: Musett Jazz Band@Django:

« ラ・カンパネラ | トップページ | 7/29の浴衣 »