« いよいよリベルシー! | トップページ | Alexandre Tripodi Quartet »

2006.05.13

ついに入場~♪

受付で2日間のチケットを買い、プログラムをもらっていよいよ入場~。
2006051333
チケットと言っても手首に巻くようになっていて、初日と2日目とで色を変えてあった。

入ってすぐのところで犬なのか狼なのか、黒っぽい動物の扮装をした人たちが大勢いて記念撮影中。
「リベルシー!」と言って撮っているところをみると、地元の人たちなのだろう。
2006051330
ベルギーは動物の格好をするパレードというのがあれこれあるらしく、ちょうどこの次の日に猫祭りというのがどこかであったらしい。この狼(?)のパレードも、多分こういう地元のお祭りのものなのだろう。
写真を撮っていると「撮って撮って~!」と近寄ってきて、すごく人懐っこい。
2006051332

しばらく彼らの様子を眺めた後、ではそろそろ・・・と歩きかけると、ののさんが「帰りのことを聞かな~。」と言い出した。
そうだ~。去年サモアのフェスでは、今まで行った方たちに聞いていた通りアクセスにはすごく苦労した。帰りが深夜であるのにもかかわらずシャトルバスについての詳細がはっきりインフォメーションされていなかったり、ようやくバスが来ても乗り切れずに更に待たされたりだったので、最初にいろいろ聞いておこうと話していたのだった。
で、最初にチケットを買った場所に戻ってスタッフに聞いてみると、どこへ行けばいいというようなことを教えてくれた。
なんとなーく腑に落ちない答えだったような気もしつつ言われた方へ歩いていると、後からさっきのスタッフが追いかけてきた。
「すまんすまん。帰りの時間の話だよねー?わかる人間のいるところに行くから着いてきて~。(←多分)」
などと言う。どうやら、こちらの聞いていることが伝わっていなかったらしく、わざわざ探して来てくれたのだ。
あまりの親切さに感激だったけど、結局わかったのは終演予定時間のみ。それもあくまで予定で、シャトルバスについてもよくわからないらしい。
「帰れなかったら朝までいて、一度帰ってまたここに来れば良いさ~。(←多分 汗)」
と明るく言われてしまった。

とりあえずはしょうがないね~と覚悟を決めて、ライブ会場へ向かう。
途中、itoさんに教えてもらったDjangoの記念碑を発見!
2006051338
まだ真新しい感じだったけど、左手だけが岩からニョキっと出ていてなんかヘン・・・。

ライブ会場に到着すると、ステージではリハの真っ最中だったが、正面のスペースは椅子が脇に少しだけ、しかもステージに対して垂直に置いてある。
いいお天気にはなったけど予報では雨だったので、屋根のない正面のスペースには椅子を並べずにいたらしい。
すぐ隣に飲食スペースとして大きなテントが張ってあり、そこでも鑑賞できるようにしてあった。

とりあえず正面脇にあった長椅子に座り、首を左に向けてリハを眺める。ところがしばらくすると自分で椅子を動かして正面に向ける人が出始めたので、私達も真似して前から2列目の真ん中辺りに移動した。
周りも真似して次々移動させ、かなりテキトーな感じで客席ができていく。
なんとものんびりした、ゆるゆるさ加減だ。

そろそろ開演時間が近づいてきた。
入り口でもらった2種類のプログラムを開いてみると、片方に去年出演したサムソン・シュミットの顔写真を発見!喜んでいると、ののさんがひと目見て叫んだ。
「おぉ!これはユキナベさんのギターやないかぁ!」
よく見ると、写真のサムソンが弾いているギターには何か書いてある。
ユキナベさんのギターにはビレリにしてもらったサインがあるのだけど、載っていたのは去年サムソンがドラドたちと一緒に来日した時、埼玉公演でそのギターを使って演奏している写真だった。

|

« いよいよリベルシー! | トップページ | Alexandre Tripodi Quartet »

2006ジャンゴフェス@ベルギー・リベルシー&ちょこっとパリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/10327235

この記事へのトラックバック一覧です: ついに入場~♪:

« いよいよリベルシー! | トップページ | Alexandre Tripodi Quartet »