« ツアー決定記念(?)オフ | トップページ | 30年かぁ… »

2006.05.27

Caravan Serai@ブルドラ

Caravan Saraiの二回目となるライブに行った。
前回の初ライブの時には別のライブと被ってどーしても行けず、ののさんが録った音源を聴いてその想像以上の素晴らしさに驚きもあったので、ずっとずっと楽しみにしていたライブだ。
この日も浜田さん仲間のオフ会と被ってしまったのだけど、うぅむと悩んでこちらを選ぶことにした。

顔見知りのジャン研メンバーが顔を揃える中お店に駆け込み、ののさんと合流。
ベルギーのフェスの話やらを賑やかにするうちに、いよいよライブ開始♪
2006052703
アコーディオンの森さんとは去年キャオロジーのライブの時にお会いしてはいるものの、演奏をお聴きするのはこれが初めて。
まだジャズ歴は浅いとのことだったけれど、アコのソロを多用した曲の雰囲気は格別のものがあって、これからが楽しみだ。
開演直前までひとりステージの上で最終確認をしていたkabutoさんのギターも、力強いソロを奏で、また安定したリズムを刻む。スパニッシュギタリストとしての彼のテイストを含んだ演奏も聴けて、面白かった。

そして、何より始めてライブに来た私を驚かせたのが、ヴァイオリンのミズヨちゃんの演奏。
ほぼ全編にわたって彼女の演奏をフロントに据え、それが大成功しているのだ。
MCも時々危うくなりつつもある部分さえ上手に観客を引き寄せる結果となり、スムーズなライブ進行だった。

彼女と最初に会ったのは、ニグロッツが最初にブルードラッグでライブを行った日のことだ。
観客がお店からあふれて床まで埋まる中で、通常2人で座るシートに彼女と相席になり、ののさんと3人で肩を寄せ合って演奏を楽しんだ。
その後ニグロッツのライブの後、セッションに駆り出された時が彼女の演奏を聴いた最初だと思う。
それからの成長振りをずっと観てきているだけに、私も、そしてきっと他のジャン研メンバーもステージに立つ彼女の姿には格別の思いがある。

特にアンコールでの演奏は本当に素晴らしく、感動で思わず涙があふれた。
このお店では本当にたくさんのミュージシャンの演奏を聴いてきているけど、ここまで感動したのは初めてだった。

そうそう。
ステージ上で演奏するメンバー以外に、もうひとり強力なメンバーが頑張ってるのもこのバンドの素晴らしさだ。
2006052704

次も楽しみ。

|

« ツアー決定記念(?)オフ | トップページ | 30年かぁ… »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/10270452

この記事へのトラックバック一覧です: Caravan Serai@ブルドラ:

« ツアー決定記念(?)オフ | トップページ | 30年かぁ… »