« ベーカリーカフェの和栗モンブラン | トップページ | ミュン »

2006.02.28

パティスリー・スリール

用事を済ませてそのままウロウロと歩いていて、たまたま見つけたケーキ屋さんに入ってみた。
まだ新しいらしく、店内は明るくてきれいだった。

いろいろと眺め回した末、買ったのは固いクラシカルと柔らかいブロワ。
20060228
どちらもかなり本格的な味で、明らかにいわゆる「街のケーキ屋さん」とは一線を引く感じだ。

っていうか、あの、ケーキを箱に入れてくれた優しそうな男性がパティシエだったとは!
帰ってからお店を紹介したホームページを見て、かなり驚いた。
しかも、かなりの経歴の持ち主。
能ある鷹ってあぁいう方なんだなぁ。

ケーキを手に交差点で信号が変わるのを待っていると、足元に「La Gemma」というイタリアンのお店の案内看板が出ていた。
あのフード&テーブルコーディネーター・マダムキッコこと石川紀久子さんがオープンさせるお店に招かれ、こちらのお店は2月末までで閉店することになったという。なんとなく気になったのでお店の前まで行ってみると、柔和な感じの男性が外まで挨拶に出てきた。

お店は六本木のヴェルファーレ近くに「RUBY」という名前でオープンさせるそうで、こちらのお店は2月末まで・・・なんとその日までの営業とのこと。
私が手に持っていたケーキの袋を見つけると
”あぁ、スリールさんにいらしたんですね。”
と笑顔になった。すぐそばだし、仲良しのお店だったのかもしれない。
せっかく素敵そうなお店を見つけたのに残念だけど、新しいお店も今後話題になりそうでちょっと楽しみ。
でも、高級店なのかもしれないなぁ。

この日たまたま見つけた2軒の話をののさんにしたら

”LUMも歩けば食いもんに当たる~”

と言われてしまった。
まぁ・・・確かに、ね(笑)。

|

« ベーカリーカフェの和栗モンブラン | トップページ | ミュン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/8879432

この記事へのトラックバック一覧です: パティスリー・スリール:

« ベーカリーカフェの和栗モンブラン | トップページ | ミュン »