« ロイヤルフォンダンショコラ | トップページ | 1/29ニグロッツ@ローツェ »

2006.01.27

1/26 古澤巌フィドラー ホット・クラブ~グラッペリの風

昼間、何気なくジャン研のBBSを覗いたら、ギターの福島さんのライブ告知書き込みがあった。
何とその日の夜のライブではあったのだけど、出演メンバーの中に「古澤巌」「有田純弘」「福島久雄」という名前が並んでいるのを見て、一も二もなく参加決定~♪急に言われてもムリだよ~というののさんのボヤき返信メールを読みつつも、それはそれ!ということで単独で会場に向かう。

地下鉄の駅からお洒落なレストランが点在する商店街を抜け、某メーカー本社ビルのエレベーターを上がってホールへ。
2006012601

当日券を入手してロビーに入ると、窓の外には新宿の高層ビルの夜景。
これが会社のビルの中にあるのだ。凄すぎる~。
ホールは室内楽にちょうど良さそうな広さで、御茶ノ水のカザルスホール位の感じ。
企画によってリクライニング席を設けて眠る為のコンサートなんていうこともしている、中々ユニークなホールだ。
そのメーカーからか、もしくはスポンサーから資金が出ているのか、料金もかなり安かった。

有田さんがソロギター、福島さんがリズムギター、そして有田さんと度々共演されているクリス・シルバースタインさんがベース、そして古澤さんのバイオリンというめちゃくちゃ豪華すぎるメンバーが、タキシード姿でジャズスタンダードを中心とした名曲を次々と演奏。
一部は有田さんのギターソロ半分、古澤さんのソロ半分という構成で、二部は古澤さんの弾きまくり。まぁ、あくまでも古澤さんのコンサートなので、そんなものだろう。
それにしても、「あの」有田さんの演奏はもちろん素晴らしかったのだけど、「あの」福島さんがリズムギターに徹するって、有り得ないー!贅沢すぎー!と、おそらく他の観客達とは違うところでひとり大コーフンだった。

実は私、5~6年前に古澤さんファンの後輩と一緒に彼のコンサートには何度か行ったことがある。大きなカテドラルだったり、クラシックのコンサートホールだったりいろいろだったが、まさかその彼がその後私が出会ったジプシージャズを演奏する姿を、しかも「あの」有田さんや福島さんとの共演で聴けるなんて考えもしなかった。
しかも、以前古澤さんのコンサートに何度か行った話をある浜田さんファンに話したところ
”LUMさ~、バイオリン好きなんだったら、グラッペリとか聴いてみたら?”
などと勧められ、ワケもわからずグラッペリのCDを買ったなんてーこともしているのだ。

でもってそんな私、今回のMCで再び驚愕!
なんと古澤さんって、グラッペリご本人と共演していて、ミニアルバムまで発表してるって言うじゃないのー!!
そんな方と、「あの」有田さん&福島さんの共演って、あまりにもスゴイ!!!

とはいえ、古澤さんは日本のジプシージャズ事情については全く知らないらしく、有田さんのことも
”ホットクラブの形でやりたいんだけど、そういうギターできる人って誰がいいかな?”
なーんて周りに聞いて、何人もから名前が挙がって初めて知ったとのこと。
っていうか、やろうかな~っていう時点でネット検索してみようよ>古澤さん(笑)

そんな訳で、初の挑戦となった古澤さんも、会場のほとんどを占めるクラシックファンも、基本的にクラシックなスタイル。演奏はあまりに美しいながらジャズじゃないし、客席の反応もクラシックっぽい。
有田さんはもちろん、古澤さんがどんなに素晴らしいソロを弾いても、演奏中はじっと見守るのみで、演奏後の大拍手となるのだ。ジャズライブの素直な反応に慣れてしまった私には、なんだか物足りなかった。
是非とも古澤さんには、ニグロッツ辺りのライブを鑑賞していただき、次回に生かしていただきたいものだ。
あ、もちろんバイオリン持参でジャムにも参加していただくってことで♪

ところで。
こちらのホールってロビーからの夜景も素晴らしかったのだけど、喫煙場所になっていたビルの屋上からの夜景も格別だった。
私はタバコは吸わないけど、屋上があると聞いたら行かない訳には行かない(笑)ので、休憩時間にはそそくさとコートを着こみ、冷たい風に飛ばされそうになりながらしっかりチェックした。
2006012602

いいなー。こういう設備のある会社にお勤めしてみたいもんだ・・・。

|

« ロイヤルフォンダンショコラ | トップページ | 1/29ニグロッツ@ローツェ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/8356381

この記事へのトラックバック一覧です: 1/26 古澤巌フィドラー ホット・クラブ~グラッペリの風:

« ロイヤルフォンダンショコラ | トップページ | 1/29ニグロッツ@ローツェ »