« 2005年9月11日 - 2005年9月17日 | トップページ | 2005年9月25日 - 2005年10月1日 »

2005年9月18日 - 2005年9月24日の19件の記事

2005.09.24

ドラマ‘祇園囃子’

少し前、番組を紹介する特番を観て楽しみにしていた、’祇園囃子’というドラマを観た。

渡哲也さんを初めとした石原プロの役者さん達を中心に、そうそうたるメンバーが入れ替わり立ち代わり登場する豪華な内容、そして一時ハマりにハマっていた京都の街の情景に、思わず身を乗り出しての2時間余り。

もっとも、最初の40分程は別に観たい番組があってそちらを観てしまったのだけど。

ところが、エンドロールを見てビックリ。
祇園の芸舞妓さんが出演したらしく、見覚えのある名前を発見したのだ。
成長した彼女の姿、見てみたかったなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

高井戸倶楽部

テレビ東京の‘アド街ック天国’で下高井戸を特集するとのことで、ちょっとした期待を持って番組を観た。

庶民的な居酒屋さんやイタリアンのお店などが次々に紹介された後、15位でいよいよそのお店が登場。
思わず、身を乗り出す。

以前の店長さんが浜田さんのファンだったこと、そして負けないくらいの熱狂的なファンだったそのお兄さんに教えてもらい、私も何度かお店に伺った。

元倉庫だという広いスペースを贅沢に使ったお洒落なレストランバーは、有名人の常連客も多かったようだ。
しばらく行っていなかったが、番組を観また行きたくなってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年振りの横浜

カーテンを買い替えようと、インテリア系のお店がたくさんある横浜・みなとみらいに行った。

せっかくだからと家の近いponさんにも久々にお会いして、浜田さんのことやら家族のこと等近況をおしゃべり。
その後目星を付けておいたお店を見てまわったのだけど、思っていた以上に売り場が広く内容も充実していて、何だか圧倒されてしまった。

カーテン以外にも欲しい物続出で、雨も降っていたので優先順位に悩んだのだけど、一番の目的のカーテンが何とか買えたのでやれやれだった。

でも、やっぱり誘惑いっぱいの横浜。また行きたーい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.22

電車男から、ギター男

TV版‘電車男’も、ついに最終回。

私としては、ちょーっと納得できない部分が多く、web版や映画その他の時みたいには熱く盛り上がれなかったけど、せっかく家にいることなので視聴中。
うーむ。このTV版で一番良かったのは、サンボマスターの主題歌だったかもなぁ。

ところで、番外編として‘ギター男’なるものが放送されるとのこと。
劇団ひとりが演じる主人公は、当然ギターおたく!
かと思いきや、アニメおたくだそうな。

二本指で次々曲を演奏したり、家中をCDと本とギターだらけにする人を期待してたんだけど、ちょっと残念(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

伊藤大輔他@東京倶楽部

少し目を離すととんでもなく成長してるのは、相変わらず。
本当によく声が出ていたし、ちょっと驚いたほど。
このお店にも今後頻繁に出演するようで、楽しみ。
p506ic0013894043.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.21

頭部後屈あご先挙上法

会社の防災訓練で、近所の消防署の方たちの講義や講習があった。

毛布と物干し竿で簡単に担架が出来るのには驚いたけど、やはり今日のハイライトは、頭部後屈あご先挙上法という呪文のような言葉。

まぁ、言葉そのまんまなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝から‘Thank you ’

出かけようと、テレビのスウィッチを切りに前に行ったちょうどその時、浜田さんの新曲‘Thank you’のプロモが番組で紹介された。

前回の‘I'm a father’同様ドラマ仕立てになっていて、近々ショートフィルムとしての上映も決まっている作品だ。
今朝番組で流されたのはほんの少しだけだったが、先日長野のステージで流されていたのとは違い、主人公の少年のセリフから始まっていて一瞬ドキリ。

カップリング曲の話題もあり、新曲の発売も楽しみなところだけれど、このフィルムのフルバージョンも楽しみ。

とにかく、朝から幸せな気分だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.20

ものまね歌合戦

一体、いつの浜田さんやねん…。p506ic0013566359.jpg

<9/21追記>
ちなみに、歌っていたのは星野金太郎さんという方。
レパートリーに、ちゃんと浜田さんが入ってるんですねぇ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

巨人戦@東京ドーム

私が行った試合は、ナゼか勝率がぐぐーんと上がるジャイアンツ。
勝利の為に、たまには行かなくちゃね!

p506ic0013304211.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

911後のアメリカ

久しぶりのアメリカだった。

あの911テロの後、入出国も航空機への搭乗もかなりチェックが厳しくなったとは聞いていたが、正直入国者全員に対しての指紋採取や写真撮影には驚いた。

イミグレにいた東洋顔をした係官は、角刈りで白髪頭をした下町の職人さんタイプ。検査中の相手を時折笑わせているのが見えて、興味深かった。
順番がきて前に立つと彼のネームプレートに‘LUM’とあって大ウケだったが、片言の日本語も使うプロだった。

預ける荷物に鍵をかけられなかったり、検査の為に手間も時間もかかり、テロ対策とはいえちょっとぐったり。

平和な日々は、いつ戻るのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.19

torranceの街

今回初めてLAに行って驚いたのは、私が今まで抱いていたLAの街のイメージとまるっきり違う風景だった。

滞在したのがLAの市街地からは遥か遠いtorranceという郊外の街だったこともあるのだろうけど、TVで今まで見てきた高層ビルが立ち並び、フリーウェイが幾重にも伸びるLAというのは本当に極一部。
少し市街地を離れれば、ほとんどの建物は平屋かせいぜい2階建てで、緑も多い。住宅地ともなると各家の前にお庭があって花が咲いている。広々とした道路の脇には背の高い街路樹が整然と並んでいて、とても美しい街だった。

torrance辺りでは特にそれが強くなり、今思い出す街のイメージは、空の青と木々の緑だ。
そんな中をcookoffさんの車に乗せていただいている時、前を通りかかった美しい建物を眺めていたら、それは日本でも放送されて大人気だった「ビバリーヒルズ青春白書」のロケ地となったトーランス高校だった。

滞在最後の日、
「もっと長くいれば良かったなぁ。」
と、ののさんに何度もボヤいてしまったほど居心地のいい、素敵な街だった。

仕事とはいえ、まだあの街で過ごしているののさんが、ちょっと羨ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きな炊飯器

日本食は大人気p506ic0012976527.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人がいっぱい

torranceには大小さまざまな日本企業があり、日系の方々はもちろん、日本からの駐在員も多い。
いきおい日本人向けのお店も多く、走っている車も日本車が多かった。
日本語だけで生活できるとまで言われ、犯罪が多発しているというロス市内とは比べ物にならないほど治安も良かった。

滞在したホテルにも日本人向けのサービスがあり、それが評判となって更に日本人客を呼んでいるようだ。
私がいた時にもバーベキューに興じる日本人ビジネスマンの団体がおり、翌朝のダイニングルームはさながら日本のビジネスホテルのようだった。

そのサービスとは、朝食バイキングでの日本食メニューだ。
パンやベーグル、カリカリのベーコン等と並んで大きな炊飯器がどどーんと置いてあり、その脇にはふりかけやら焼き海苔やらインスタントのお味噌汁やらも常備。割り箸までが用意されていた。

海外に行ったからにはその土地の料理を食べたいというのが私の持論だけれど、この街では日本食が名物料理にさえ感じられた。

日本人観光客はまず来ないこの街に行けたのは、アメリカの別の顔が覗けたようでかなりラッキーだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カモメが覗いてます

美食家のカモメでしたp506ic0012910990.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンカチで殻を割ります

カニって、こんな風に食べましたっけ?p506ic0012845453.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カニ、到着〜

美味しそう〜〜!p506ic0012779916.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひしめき合うカニ達

この上では、エビ達がひしめき合っていましたp506ic0012714379.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーフード・レストランで夕食

念願だったレドンドビーチ。
せっかく来たのだし、旅行最後のディナーは新鮮なシーフードをということで選んだのが、店先にカニやらエビやらが水槽にひしめき合っているお店。

最初はフライの盛り合わせを頼んだのだけど、周りを見るとみーんなカニやらエビやらを食べている。
それを見ているうちに、だんだん食べなくちゃいけないのではないかと思い始め、結局追加注文。
水槽からカニを引き上げ、その重さによって値段も決まるので、その瞬間はちょっとドキドキだった。

待つことしばし。
やって来たカニの甲羅を開けるとスタッフは行ってしまい、各自添えられたトンカチで殻を割りながら食べる。
身はもちろん、カニミソも美味しい~。

しかし二人で夢中になって食べていると、窓の外に視線を感じた。
人なつっこいカモメが1羽、じぃっとこちらを見つめている。
少し前には他のテーブルの側にいたのが、移動して来たようだ。

動物好きなののさんが少しカニの身をつまんで足元に置くと、早速くちばしですくいあげてたいらげてしまった。
同じカモメにエビフライの尻尾をあげようとした時には無視していたのに、贅沢なもんだ。
とはいえ、こちらも少々カニとの格闘に飽きつつあったので、何度かカモメにカニをあげては喜んでいた。

美味しくて、楽しくて、とっても想い出に残る夜だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.18

波の向こうに夕陽のかけら

夕陽の名残も、また素敵
p506ic0012648842.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月11日 - 2005年9月17日 | トップページ | 2005年9月25日 - 2005年10月1日 »