« 揚子江菜館 | トップページ | 関西弁のAIBO »

2005.12.04

大坂昌彦 Special Quintet

前にdaisukeクン東京倶楽部のライブの時に、

大坂昌彦さんに、今度秋田のライブに来ないかって言われてるんですよー!

と言っていたのだけど、そのライブを翌日に控えたこの日、秋田と同じメンバーでのライブが御茶ノ水のNARUであった。
2005120309

メンバーにはなんと、若手ギタリストとして人気の小沼ようすけさんも入っている。これはチャンス(なんのだ?)だ。
まぁ、有名どこだしちょっと聴いてみたいなー程度の動機だったのだけど、ののさんは

あー、美形やしな~。

とアッサリ。何でも彼がギブソンのジャズギターコンテストでグランプリを受賞した時、審査員だった渡辺香津美氏に
ジャズギター界待望の、ビジュアル系若手ギタリストの登場!

と評されたのだそうだ。
私はその話はもちろん、彼の顔もよく知らなかったのだけど(汗)、早速予約。

至近距離で観た小沼氏は、ん~、確かにビジュアル系のジャニ顔だった。大坂氏言うところの「二人王子様」に、手を伸ばせば届く距離で演奏を堪能。特にdaisukeクンは演奏メンバー達の更に前で歌うので、まるでいつかのDjango状態
お客側としてはヒジョーに美味しい席だった(笑)が、どこに目を向けて良いのやらだった。

翌日ライブが行われる秋田は、メンバー全員のゆかりの地。なんとdaisukeクン以外は秋田県出身なのだそうで、daisukeクンもお父様が秋田県出身とのこと。
秋田県とジャズの関係って・・・?

すんごい暗いアレンジ(大坂氏談)の「COME TOGETHER」や、アンコールでは久々に聴けて嬉しかった「NIGHT&DAY」も登場し、クリスマスソングフレーズもちらっと飛び出して、超満員の客席も大盛り上がり。
寒い夜の熱く楽しいライブだった。

|

« 揚子江菜館 | トップページ | 関西弁のAIBO »

音楽」カテゴリの記事

コメント

敵なブログですね、お互いがんばりましょうね、わたしのブログご案内します、みてくださいね。ジャズ、ジャズギター、ロック、ブルーズ、アコースティックギター 、 オーディオ、
そしてオールディーズな1970年代の世界に興味のある方、面白いとおもいますよ。サスペンス、恋愛、運命が10年にわたって交差します。

* tokaiks
* 連載小説  レッドギター
* http://blogs.yahoo.co.jp/tokaiks
* www.jin.ne.jp/motherland
* toneblue@ezweb.ne.jp

投稿: 連載小説  レッドギター | 2006.07.16 13:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/7453269

この記事へのトラックバック一覧です: 大坂昌彦 Special Quintet:

« 揚子江菜館 | トップページ | 関西弁のAIBO »