« 大きな炊飯器 | トップページ | 911後のアメリカ »

2005.09.19

torranceの街

今回初めてLAに行って驚いたのは、私が今まで抱いていたLAの街のイメージとまるっきり違う風景だった。

滞在したのがLAの市街地からは遥か遠いtorranceという郊外の街だったこともあるのだろうけど、TVで今まで見てきた高層ビルが立ち並び、フリーウェイが幾重にも伸びるLAというのは本当に極一部。
少し市街地を離れれば、ほとんどの建物は平屋かせいぜい2階建てで、緑も多い。住宅地ともなると各家の前にお庭があって花が咲いている。広々とした道路の脇には背の高い街路樹が整然と並んでいて、とても美しい街だった。

torrance辺りでは特にそれが強くなり、今思い出す街のイメージは、空の青と木々の緑だ。
そんな中をcookoffさんの車に乗せていただいている時、前を通りかかった美しい建物を眺めていたら、それは日本でも放送されて大人気だった「ビバリーヒルズ青春白書」のロケ地となったトーランス高校だった。

滞在最後の日、
「もっと長くいれば良かったなぁ。」
と、ののさんに何度もボヤいてしまったほど居心地のいい、素敵な街だった。

仕事とはいえ、まだあの街で過ごしているののさんが、ちょっと羨ましい。

|

« 大きな炊飯器 | トップページ | 911後のアメリカ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/6021246

この記事へのトラックバック一覧です: torranceの街:

« 大きな炊飯器 | トップページ | 911後のアメリカ »