« 2004年12月12日 - 2004年12月18日 | トップページ | 2004年12月26日 - 2005年1月1日 »

2004年12月19日 - 2004年12月25日の6件の記事

2004.12.25

留守電

食事を終えたくにくにが、ドアを開けてキッチンへ行った。
するとキッチンの隅にある電話から、留守電のメッセージが聞こえていた。

ウチの電話は、イタズラ電話対策で常に留守電にしてある。
声を聞いて、知っている人からなら電話に出ることにしているのだ。
メッセージは伯母からで、どうやらお歳暮が届いたお礼の電話らしい。

が、なぜかくにくには電話を取らず、伯母の声だけが聞こえてくる。
どうして取らないのか、それとも何か理由があって取れないのかとキッチンに行ってみた。

メッセージの流れる電話を見つめ、じぃっとそれを聞いているくにくにがいた。
間もなく伯母のメッセージが終わり、時刻を告げて切れた。
時計を見ると、間違いなく今の時刻だ。

どーして取らないのよぉ???
えー?これって今かかってきてたのぉ?

ウチの電話に留守電機能が付いて、何年になるんだろう…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.23

野本晴美&伊藤大輔

ずぅっと気になっていた憧れのお店にdaisukeクンが出演するとのことで、ちょっと頑張って(もらって 笑)行ってきました!

20041223

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.22

フウマ

龍虎の二人とも大の仲良しで、ライブ会場でも頻繁に見かけるタカヒトクン所属のバンドhttp://fuma.loops.jp/がミニFMの番組に出演するというのでwebで聞いてみた。
しかも局のサイトを覗いたら、スタジオ内の映像まで見られてしまった。
何とも便利な世の中である。

トレードマークのキャップ帽を被ったタカヒトくん、番組が始まった直後にチラリと自己紹介をしたきりほとんどしゃべらず。
DJ嬢が指摘すると、メンバーから

ビジュアル担当なんで、ボロが出ちゃマズイですから~

との声。
やっぱりここでも…(笑)。

フウマの曲も2曲流された。
彼らのサイトでも数局が聴けるようになっているのだけど何故か私のPCからは聴けないでいるので、これがほぼお初。
そういえば、彼の演奏は「マイナースウィング」のゲスト演奏しか聴いたことがなく、いわゆる”彼の音”を聴いたのは初めて。

結構い~じゃん♪カッコい~じゃん!

ん~~~~~、ちゃんと聴きたくなっちゃったなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.21

あなたがつぶやく最後の言葉

Fairlifeプロジェクトのスタッフでもあるなかさんのサイトを久々に覗いたら、ちょっと面白いサイトが紹介されていた。

早速質問に従って答えていき、判定結果を見てみた。

「今まで本当にありがとう」

88歳になった小春日和のある日、風邪をこじらせた私は、駆けつけた旧友や娘家族にみとられ、そしてぼんやりと先立った夫を思い浮かべながら、娘の手を取ってそうつぶやくのだそうだ。

なんだか、涙が出た。
そんな理想的な最期、この私に迎えることができるだろうか…。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.12.19

ハウルの動く城

あーんまり宮崎アニメは得意じゃないのだけど、何故か観てしまった~。
日曜の午後の映画館は、さすがにめちゃ混み。
もっとも、同じ建物の中で上映館が2館あるなんていう状態だったので、ちょっとだけ待って席を確保できた。

内容的にはともかく(って言いつつ密かに涙してしまったのだけど)、いつもながら宮崎アニメで私が注目してしまうのは、そうそうたる声優陣だ。
今回は、倍賞千恵子さんを筆頭に、木村拓哉さん、美輪明宏さん、加藤治子さんといった大物揃い。
賛否両論らしいキムタクも大健闘だと思うし、倍賞さんってほんっとスゴイ!

美輪さんは…あのキャラクターあらばこそのキャスティングだろう。
実写版でもいけたりしてね。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/18 Swing Niglots

20041218

BLUE DRAGでのクリスマスライブ。到着すると、早速9月のジャン研合宿の時のビデオとレコーディングしたCDをsさん(千葉)から渡され、なんだかワクワク。続々とやってくるジャン研メンバーと共に、大騒ぎで画面に映し出される映像に見入った。本当に楽しかったし、画面からもそれがすごーく伝わってきて、大興奮。なんだかライブに来たんだか、ジャン研のパーティーで来たんだかっていうような状態だった。

とはいえ、ライブももちろん大盛り上がり。メンバーは黒い衣装で揃えていつになくキマってるし、クリスマスソング中心の選曲も素敵だった。なんとリーダーのitoさんの歌なんぞという見せ場もあり、バンドとしての2004年最期となったライブを締めくくるのにふさわしい夜となった。

この日初めてNiglotsのライブを観に来た妹も、かなり気に入ったよう。特に、sotaクンのバイオリンが良かったらしい。ウクレレを買ったと言うので持って来させ、N氏(東京)にしばしレクチャーしてもらった。普段見かけない、しかもジャン研関係のライブとしては比較的(汗)若い女性が、しかもウクレレ持参ということで、実はこっそり大注目を浴びていたらしい。

しかしそのあおりで、私にまでウクレレをやれ~という声が…。ライブは聴く専門だというこれまで数十年(滝汗)続けてきた姿勢が、ついに崩されることに???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月12日 - 2004年12月18日 | トップページ | 2004年12月26日 - 2005年1月1日 »