« 2004年11月7日 - 2004年11月13日 | トップページ | 2004年11月21日 - 2004年11月27日 »

2004年11月14日 - 2004年11月20日の3件の記事

2004.11.15

バリウムは美味しくなれない

健康診断に行ったクリニックの壁に、Q&A形式で書かれていたこと。

Q.バリウムは、美味しくできないのですか?
A.美味しくできません。美味しいと胃が反応して動いてしまい、正しい検査ができなくなります。

そうなのかー!昔はもっとまずかったらしいのだけど、今は味も付いてるし、私はそんなに苦手じゃない。でも、まだまだ飲みにくい物であることは確か。

こうなると、バリウムなしでも正しく胃の様子がわかる何かが発明されるのを待つしかないのかしらん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/14 ION&しげとくま

20041114.jpg


威圧系ジプシージャズ・ユニットのしげとくまが、ついに池袋のBLUE DRAGに来襲(笑)ということで、出撃。関西に住む二人の帰りの時間の関係でということで、まだ明るいうちからのスタートだ。

対バンのIONの演奏は、8月の檜原以来。そういえばあの時くまちゃんから
”IONの方に呼ばれてるんですよ~。”
と聞いたのだけど、このバンドとは結構一緒に出演ということが多いらしい。
まぁ、共に爆裂系ということか。

”BLUE DRAG始まって以来(?)”とMCにもあったステージ上の人数の多さとおっきな音、そしてやたら個性派だらけで国籍さえ不明な感じのIONの熱い演奏をカウンターかぶりつき席で楽しみ、いったん休憩。ルーマニア旅行から帰国したばかりのくまちゃんから写真を見せてもらったのだけど、本当に童話みたいな風景が広がる国のようだ。いろんな方たちとの出会いもあったようで、くまちゃんの好奇心いっぱいさ加減満載の写真がたくさんあった。

さて。
ライブの方はというと、相変わらずキュートな笑顔とまったり~なMCで始まり、大所帯のIONの皆さんにも負けない爆裂な音で観客を圧倒。そしてまたまったり~なMCと、緩急自在な二人のペースにすっかり巻き込まれてしまった。
アンコールでは、IONのメンバーを中心に声があがったおなじみの曲を演奏。やっぱり、これがなくちゃね!である。
くま部員(笑)ならずとも、またまた次が楽しみになってしまうような内容のライブだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/13 龍虎

20041113.jpg


開演時間を微妙に回ってしまい、大慌てでお店に到着。階段を下から見上げると、ちょうど受付している男性の姿がある。こちらを振り向いた顔を見て思わず大声で挨拶すると、あちらはなんのことなくフツーに挨拶。何だかオトナな感じである。ステージに近い席は既に埋まっていたのでその男性、daisukeクンを追いかけるようにして奥の席に落ち着いた。

龍虎のライブで彼に会うのは始めてだ。Discoveryでの相棒である阿部クンがこのユニットを組むという話を聞いた直後に彼と交わしたメールの中で

”ライブがある時には僕も行って歌いますよ!”

というのがあり、私はずぅっと楽しみにしていたのだ。龍虎のライブではギタリストを中心に楽器の演奏で誰かが参加することはあっても、ボーカルが入るのは初めて。それがdaisukeクンなのだから余計に楽しみだった。

いつもより妙に落ち着いた演奏とMCで粛々とライブは進み、いよいよdaisukeクンの登場。直前の休憩の時に

”LUMさん、何聴きたいですか?”

なんぞと阿部クンと二人で聞いてくれたので、さーんざんあれこれと迷って大騒ぎした結果N氏(東京)の口ぞえで決めた”おいしい水”を歌ってもらった。実は小林クンはこの曲を知らなかったらしいのだけど、daisukeクンが持っていた譜面で演奏してくれた。かなり素敵な演奏で、大堪能~♪全く凄いもんだ。

まぁ、後から考えるとあの曲も、いや、あの曲も聴きたかったなぁという感じだったけど、それはまた次回ということでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月7日 - 2004年11月13日 | トップページ | 2004年11月21日 - 2004年11月27日 »