« 2004年8月15日 - 2004年8月21日 | トップページ | 2004年8月29日 - 2004年9月4日 »

2004年8月22日 - 2004年8月28日の6件の記事

2004.08.26

市川團十郎丈の舞台復帰決定

5月の初めに急性白血病の診断を受けて入院治療中だった市川團十郎丈の、現在の病状と舞台復帰決定についてのニュースが入った。

9月上旬に退院し、10月のパリ公演から復帰するとのこと。予定されていた連獅子は残念ながら鏡獅子となって團十郎丈の出演はないものの、これで海老蔵丈もほっとひと息だろう。

とにかく、健康が一番。ますます張り切っての舞台が見られそうで、楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.24

Fairlife関係者のブログ発見♪

実は先週発見してたのですが、多忙中に付き放置してました~!
「ナカサンノカワラバン」というタイトルで、管理人さんはwebのお仕事をされている方だそうで、公式サイトの作成に関わったそうです。

しばらく要チェックです♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ヤフオクにセルマーが!

私にはすっかりお馴染みになったジプシージャズなのだけど、この音楽を演奏するギタリスト達憧れのギター、セルマーがなんとヤフオクに出品された。

日本人でセルマーを所有し、ライブ活動も行なっているのは、おそらく日本ジャンゴラインハルト研究会の主宰であり、Swing Niglotsのリーダーでもある伊東さんだけだろう。実はもう一人日本にはセルマーを弾いているギタリストがいるのだけど、それは同じにNiglotsのリズムギターを担当しているローランさんで、彼はフランス人なのだ。

そもそもオリジナルのセルマーが日本にもあるということ自体がものすごいことらしく、伊東さんの周りにはいつも「本物のセルマー」を拝ませて欲しいというギター・フリーク達が集まっている。そんなギターが2本も並ぶNiglotsのライブって、価値がわかってる人には見るだけでもたまらんのだろうなぁ。私には、その辺ってよくわかんないけど。(スミマセン)

さて、気になる結果は、落札者なしとのこと。最低落札価格が160万円だったのだけど、入札されたのはその10分の1程度でしかなかったのだ。掲載されていた写真から判断して、シロウトの私が見てもいい状態とは思えなかったからムリはないかも。

でもこのギター、この先どうなるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手打ちうどんそば 魚鶴

ジャンゴフェスに出ていたウクレレブラザースの「めんくい党」という曲を聴きながら

あ~、来る途中にいぃ感じのお蕎麦屋さんがあったよなぁ。

と思い出し、翌日の帰りにお昼を食べに行ってみた。

たまたま団体さんが入ったとこだったらしく、

「待てますか~?」

などと言われて一瞬ひるんだけど、私たちが待つことには慣れてる都会人だったのが幸いし(?)、ほどなく注文したお蕎麦やうどんが運ばれてきた。奥多摩の辺りはうどんを各家庭でも打っているという話を聞いたことがあったので、私だけはうどんに。同行したお二人のお蕎麦も気になりつつ、素朴な味の田舎汁うどんをいただく。壁には田舎そばだの荒びきそばだののメニューも貼ってあり、こちらにも心惹かれるところである。

駅にも近いし、来年フェスに行く人にも(ずいぶん先やね~ 笑)オススメしちゃいます。

ちなみにこちらの奥さんにジャズのコンサート帰りだと言ったら、ユーミンの話をされてしまった。うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.23

8/21 第2回ジャンゴラインハルト・フェスティバル・イン・トウキョウ

20040821.jpg

家を出て、電車とバスをいくつも乗り継いで約4時間。東京都とは思えないような大自然の中で、全国各地から集まったジプシージャズ好きが一緒に演奏し、音楽について語り合った。

まーさかこんなとこ(?)まで行くことになるとは去年のフェスの時には思いも寄らなかった私だったのだけど、緑はいっぱいだし、すぐそばを流れる川の水はすんごくきれいだし、噂を聞くだけで中々演奏を聴けないようなミュージシャン達の演奏も一度に聴けてかなり満足。開始時間が大幅に遅れてみたりのゆるゆるな運営も、ワクワクした気持ちの方が勝ってしまって

”ま、いぃか~♪”

ってな調子である。さすがに夜は寒かったけど、お天気も良かったし、楽しい夏のイベントとなった。

写真は大トリを勤めた、伊東さん、北島さんTETSUさん、そして山本さんのスペシャル・ユニット。数多くのバンドが出た後で、さすがに貫禄の演奏だった。演奏している人たちの笑顔も素晴らしく、振り向いて見たりはしなかったけど、おそらく客席にも笑顔があふれていたに違いない。

開始時間より少し遅れて会場には着いたのだけど、室内から聴こえてくるらしいJAMの音がめ~っちゃ気になりながら、結局最初から最後までほとんどずぅっと1列目中央のかぶりつき席で堪能してしまった。昼間はステージの向こうに次々やって来る人たちの笑顔を見ながら、夜は誰かが始めた花火をまるでステージの効果のように眺めながらだった。

また、来年も行きたいな。続けて欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

京本政樹さんのギター

WEBニュースを見て、めっちゃウケまくってしまった~!2300万円に驚くか、ダイヤに驚くか、それとも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月15日 - 2004年8月21日 | トップページ | 2004年8月29日 - 2004年9月4日 »