« 2004年7月4日 - 2004年7月10日 | トップページ | 2004年7月18日 - 2004年7月24日 »

2004年7月11日 - 2004年7月17日の6件の記事

2004.07.17

7/16 sug@r6

オールスタンディングのライブハウスの一番後ろで、壁にもたれてライブの始まりを待っていた。4月の始めに行った、バンドの最後のライブでジュンペイくんが言っていた
”ついに、歌一本でやっていけることになりました!”
という言葉の響きを、繰り返し思い出していた。

彼を知ったのは、知り合いのギタリストが参加していたポップス系バンドのライブだった。ドラム、キーボード、パーカッション、ギター、ベース、そして二人のボーカル。そのボーカルの一人だったジュンペイくんが、sug@r6というアカペラグループの新メンバーとして加わることになり、残念ながらそのバンドは解散してしまった。

それから3ヶ月と少し。このライブが、ジュンペイくんのプロとしての東京凱旋ライブだった。元のバンドのメンバー、そして私を含むファン達も彼の晴れ舞台を見ようと集まっていた。

ステージが始まり、ほの暗いライトに照らされて歌い始めた彼を見ながら、私はかつて同じようなシチュエーションがあったことを思い出した。それは、高校の友人達が結成したバンドでやはりボーカリストだった男性の、渋谷でのライブだった。元のバンドのメンバーや仲間達がわざわざ静岡から上京し、ステージのまん前に集まった。ステージ衣裳に身を包み、眩しいばかりのライトを浴びて歌うその姿を、もちろん演奏も楽しみながら誇らしく見つめていた。

数ヶ月振りに聴いたジュンペイくんの歌は、発声から明らかに違い、より一層魅力的な歌声になっていた。しかし以前のバンドではかなりリラックスして会場を沸かせていたMCは、緊張からか少し固かったようだ。やはりプロとして、それもかなりのライブをこなして人気も上がっているらしいこのグループに、新メンバーとして加わるプレッシャーは相当なものだろう。でもきっと、彼の持ち前の明るさとバイタリティーで、徐々に乗り越えてくれるに違いない。

終演後、私の隣でじぃっと腕組みをしたままで聴いていた、元のバンドのギタリストに感想を聞いてみた。数年間一緒に活動していたメンバーの晴れ舞台を、彼は一体どんな風に観たんだろう。

「いやぁ~~、すごいっすねぇ!カッコよかったっすぅ!」

感動した面持ちでそう答えた彼は、こう続けた。

「俺も、ボイスパーカッションやろうかなぁ~!」

って、そっちかよっ!(爆)
いつか彼がプロとしてステージに立つ姿も、是非見てみたいのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.16

大森さんへのお手紙

昨日、こうさぎのHOPクンが教えてくれたブログサイトに、ギタリストの田中一郎さんのサイトにアップされた、「大森さんへのお手紙」についてのことが出ていました。

同じロック・ギタリストとしての関わりなどを通して、長年築き上げてきたお二人の友情が伝わってくる素晴らしい内容です。大森さんや田中さんの演奏を聴いたことがない方でも、いえ、お二人を全く知らない方でも読む価値があると思います。

HOPクン、快挙です!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.07.13

よく似た二人

お昼に外に出た。早くも梅雨明けとなった東京の日差しが、強く降り注いでいる。

”いかにも夏!って感じだなぁ…。”

と、青く輝く空を仰ぎ見ていると、どこかで私を呼ぶ声がする。振り向くと、バイクに乗った男性がこちらを見て微笑んでいた。

が、とっさに挨拶ができなかった。誰だかわからなかったのではない。「どちらなのか」がわからなかったのだ。

一瞬の間を置いて、それがかつてウチの会社にいた元課長だったことがわかった。面倒見が良く、仕切りが上手く、その上バイク乗りだったので、飲み会やらツーリングやらにもずいぶん誘っていただいた。今は転職して、取引先の部長さんとして大活躍らしい。

そしてその彼にそっくりなのが、お酒を愛するブルースマン、トントンことライトニン斎藤氏である。楽湯団のギタリストとしても大活躍中な彼は、最近プロのボーカリストさんと一緒に演奏活動を行い、なんとアルバム参加までしているそうだ。そのライトニンさんが、見れば見るほど先ほどの元課長に性格までもそっくりなのだ。

年恰好も背格好もそっくりなお二人なのだけど、まさか…生き別れの双子の兄弟じゃないですよね?(笑)


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.07.12

韓国ブーム

くにくにと急に外食することになり、デパートのレストラン街に最近オープンした韓国家庭料理のお店に行った。ここはちょっと前に覗いた時にはいっぱいで入れなかったのだけど、時間が早めだったせいか今日はすんなり入ることができた。

プルコギ、冷麺、ビビンパ、チヂミ、キムチ。日本人向きの味付けなのか、それほど辛くはない。添えられた梨のジュースが、さっぱりと甘くて美味しかった。

帰り際、くにくにが「冬ソナのCDがあったら買いたい。」と言うので、今度はCD売り場へ。案の定、冬ソナコーナーは一番わかりやすい場所に広く取ってあり、いくつか種類もあって選ぶのに苦労したようだ。

家に帰ってテレビをつけると、在日韓国人を主人公にしたドラマをやっていた。

韓国ブームは、しばらく続きそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.11

検索していらっしゃる方へ

最近、ここを検索エンジンでヒットさせていらっしゃってる方が増えています。

「浜田省吾」っていうのは、まぁ、まだまだ内容が乏しいとは言え、カンフルのレポがあるだけいいかもしれません。

申し訳ないのは、「小沢真珠」で見付けて来て下さる方。結構多いんですよ。最近かなり人気ですしね。
しかし、それで書いてあるのがこーんな記事って、かなりがっくりされてるんじゃないんでしょうか。

怒りのコメントは今のところありませんけど、怒らないで下さいねー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLUE DRAG

2004071002.jpg


かの有名な池袋ウェストゲイトパーク近くにあるバーなのだけど、本当に危険なだ。

前回行った時は、行った時間が遅かったこともあり、終電を逃した。
今日はそうならないようにと開店と同時に飛び込んだのだけど、エンエンと映像を見続けることなんと5時間!気を付けていたので終電こそ逃さなかったものの、じぃっと映像を見すぎたようでコンタクトの調子が悪くなった。

ジプシージャズが好きな人、特にギターを弾きたい人は、近寄らない方がいいかも。
話し好きなマスターにも、要注意である。

さて。

次はいつ行こうかな?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月4日 - 2004年7月10日 | トップページ | 2004年7月18日 - 2004年7月24日 »