« なんとかなるって | トップページ | 9/10 甲斐よしひろ »

2004.09.10

9/11 K.Y.D

20040911.jpg


檜原のジャズフェスに行った時、BLUE DRAGのマスターと話していて既にライブが予定されていたこの日の話になった。

実はまだ、小林クンの演奏を聴いてないんですよ~

ちょっと不安気な表情を浮かべて苦笑するマスターに、私も少し驚いた。後で知った話では、圭吾クンの演奏を聴いて推薦してくれた方がいたそうで、そんな経緯からBLUE DRAGでのライブが設定されたようだ。

今日は、普通のウッドベースですねぇ。

お店の中央辺りに座ってらした年配の男性が、お仲間らしい隣の男性に話しかけた。どうやら8月11日にあったDjangoでのライブにもいらしていた方達だ。チラリと様子を伺い見ると、話しかけられた男性は、ジプシージャズのいろんなライブでよく見かけている方だった。後から知ったのだけど、この方が小林クンを推薦してくれた方だった。こういったジプシージャズに詳しい、大人の音楽ファンの方が推薦してくれたというのは、私が言うのもヘンな話かもしれないが、かなり嬉しいしありがたいことだと思う。

藤原クンのベースはお店に置いてある物で、つまりは借り物。Djangoの時には運ぶのが楽だという理由でアップライトベースを買ってそのまま持ち込んでいたのだけど、お店の物だとなるとそりゃ~もう

楽ですよぉ~~♪

と笑顔満面だった。記録用のビデオに向かってピースサインを決めてみたり、相変わらず彼の笑顔はいい。圭吾クンも壁にかけてあったマカフェリを借りて何曲かを演奏し、やはりジプシージャズを演奏するにはこの手のギターがいいなぁと思ってしまった。

この日のスペシャルは、恒例のJAMタイムでの阿部クンの演奏だった。Discoveryが”ほぼ”活動休止となって数ヶ月が経ったけど、久々に聴いた阿部クンのギターはますます磨きがかかって素晴らしかった。次に予定される新しいユニットの演奏が、ますます楽しみになった。

ライブが終わると、マスターもマスターの奥さんも、カウンターの中で笑顔を輝かせていた。彼らの演奏がいかに素適だったか、何も聞かなくてもわかるすごくいい表情をしていた。お店の中に、そんな表情が溢れていた。

|

« なんとかなるって | トップページ | 9/10 甲斐よしひろ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/1402401

この記事へのトラックバック一覧です: 9/11 K.Y.D:

« なんとかなるって | トップページ | 9/10 甲斐よしひろ »