« 初すいか | トップページ | 7/26 信保陽子他 »

2004.07.27

7/24 石田衛、伊藤大輔

20040724.jpg


ついに、ウワサの新宿のTOPS BAR 2に行った。もちろんdaisukeクンのライブである。ここは、彼のサイトのBBSにも度々登場し、その度に行きたい気持ちを募らせていた場所だ。アクセスも良く、しかも土曜の夜ということで、横須賀在住のKこと一緒に出かけてみた。

店内には奥に向かって長く伸びたバーカウンターがあり、その手前だけが向かい合って座れるようになっているのだが、私たちがお店に入るとそこでdaisukクンとこの日の共演者であるピアニストの石田衛さんが打ち合わせ中だった。真向かいの席に案内され、初共演だという彼らの打ち合わせ姿をなんとなく眺めながら、時折会話も交わしたりした。

しばらくしてアップライト・ピアノに向かった石田さんが演奏を始め、インスト曲からライブがスタートした。かなり落ち着いた雰囲気を持つ彼だが、なんとまだ26歳とのこと。daisukeクンとは年も近く、しかも同じ千葉出身ということもあってか、既に打ち解けた雰囲気があった。

1曲目が終わり、いよいよdaisukeクンがステージに立つ。

「ON GREEN DOLPHIN STREET」

何度も繰り返し聴いているこの曲が、今まで聴いたこともないような発声で歌われて思わず唸った。相変わらず、なのである。

「A列車で行こう」、「STARDUST」、「ALL OF ME」、「煙が目にしみる」、「CARAVAN」、「美味しい水」。お馴染みのお気に入りナンバーが次々と演奏され、ニヤケっぱなしで楽しんだ。常にdaisukeクンの様子をじぃっと見ながら演奏を進めていく石田さんの真剣な表情が、印象的だった。

幻想的な「MY FAVORITE THINGS」を終え、最後は「DESPERADO」。なんとこの曲を石田さんは演奏したことがなかったそうで、それもほとんど”ぶっつけ”だったようだが、さすがな腕前を披露してくれた。(終演後、ご本人はしきりに”リベンジしたい!”と繰り返していたけど 笑)

モーションブルーのステージから1ヶ月以上も間を空けてしまった私もそうだけど、暮れの横浜でのステージから半年以上ぶりだったKこの満足度はかなり高かったようだ。

”次も是非行きたい!”

翌日のメールの向こうに、彼女の瞳がキラキラしているのが見えるようだった。

|

« 初すいか | トップページ | 7/26 信保陽子他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/1065139

この記事へのトラックバック一覧です: 7/24 石田衛、伊藤大輔:

« 初すいか | トップページ | 7/26 信保陽子他 »