« 旬の楽しみ | トップページ | 二岡選手が交代? »

2004.06.04

永遠のモータウン

前々から観たいと思っていた「永遠のモータウン」という映画を観てきた。そもそもは、好きなジャンルの音楽の裏話的な映画ということでひとりで観る気だったのが、浜田省吾ファンクラブ会報なんぞに、しかもご本人のご推薦なんつーことで紹介されたりしたものだから、それならと浜田な友人であるNビさん(東京)とKゃおさん(東京)のお二人と、ミーハー気分満載で行ってみた。

な~んとなく、以前観た「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」に雰囲気が似ているような気もしてしまったのだけど、あれだけの莫大なヒット曲の数々を世に送り出していた、その原動力であったはずのミュージシャン達が、ずっと影の存在でしかなかったこと、そしてそれが当り前な世の中でもあったことは驚きだった。そういえば、浜田さんが愛奴時代に演奏したという「シンシア/竜飛崎」にも、愛奴の「あ」の字もクレジットされていない。

映画の中には、当然のことながらモータウン・レーベルから生み出されたヒット曲がたくさん登場する。レコーディングに参加していたミュージシャンの再結成ライブが開かれ、それにインタビューを交えて進められていくのだけど、もちろん超有名なシンガーが今はスタンダードとなったヒット曲たちを気持ち良さそうに歌うシーンが登場し、かなり楽しい。

そんな中にあったのが、「WHAT’S GOING ON」だった。
よく聴く曲ではあるけれど、この曲が作られた背景と歌詞の内容を初めて知った。いつ終わるともわからない戦争。憎しみ合い、殺し合う人達。言いようのない不安に包まれた時代を歌ったこの曲は、今の世の中にも通じるものがある。ますます増え続ける目を覆うばかりの暗いニュースは、TVの中だけの”ヒトゴト”ではなく、いつ誰の身に降りかかっても最早不思議はない。これからどうなっていくのだろう…。

ワクワクするようなライブシーンと興味深いエピソードが満載で、音楽好きにはたまらん内容だ。特にボーカリストやその共演者となるミュージシャンには、是非お奨めしたい。でも、どこかの記事にあったように「プロジェクトX」的な部分があるので、あの番組のスタッフが作ったらもっといいかもなどと思ってしまった。私的には、その方が感動するかもかも・・・。

|

« 旬の楽しみ | トップページ | 二岡選手が交代? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんちわ♪遅くなりましたが、お邪魔してますぅ(^^)
「WHAT’S GOING ON」ってシンディ・ローパーがカバーしてた曲かな?いろんな方々が唄ってるよね。
この曲にそんなエピソードがあったとは・・・勉強になります。
省吾さんで言うトコのセンチメンタル・クリスマスに通ずるものがあるなって、勝手に思いましたわ。

そうそう着物きるんだねφ(..)メモメモ
家のオカンも冬場は着物ユーザーですわ。

投稿: ヨッキ~ | 2004.06.06 15:27

ヨッキー
・・・遅いじゃん。(爆) ようこそです。
シンディ・ローパーかぁ・・・どうだろ?(汗)
あの曲ができた「戦争」ってのは、ベトナム戦争なんだけどね。
今の状況ともクロスする気がしたよ。
洋楽ってな~んとなくで聴いてしまうけど、歌詞の内容を知ると
更に深い聴き方ができるんだなーと最近思います。

着物のお話もボチボチしていきます。
「愛のある」ツッコミをお待ちしております。

投稿: LUM | 2004.06.06 19:00

お~元気そうで何より。

永遠のモータウン良かったよなぁ。
あっと、あんまり書き込みできない
なんせ中国だから(^^;
しかし、こっちは違法DVDたくさんだぞ!!
ハリポタ3が有ったのには驚いた。
多分 映画館で隠し撮りだろうなぁ。。

投稿: 新田@China | 2004.06.07 13:22

新田さん
きゃ~~~、海外からわざわざすみませーん!
っていうか、確かお誕生日ですよねぇ?
おめでとうございますぅ♪
海外でのお誕生日って、どんなんでしょ?
また、遊んでくださいねん。

投稿: LUM | 2004.06.08 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/708240

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠のモータウン:

« 旬の楽しみ | トップページ | 二岡選手が交代? »