« 現在36.7度 | トップページ | 6/24 六月大歌舞伎・夜の部 »

2004.06.28

6/24 六月大歌舞伎・昼の部

2004062402.jpg


平成の海老様こと、市川海老蔵丈の襲名披露興行第二弾ということで、

”行かねばならぬぅぅ~~~っ!!”

と、気合いっぱいで歌舞伎座出撃である。なんてったって長い歌舞伎ファン人生で、チケットが発売開始日に取れなかったのも初めてなら、チケットが取れずに平日に休暇まで取るハメになったのも初めて。そしてその上

”どーしても昼夜観るのだぁ~~!!”

ということで、一日中歌舞伎座にいることになったのも初めてだ。体力的にはちと不安である。まぁ、なんとかなるだろうとは思ったが、実は2日ほど前から風邪気味。ますます不安だったのだけど、ぜぇ~~~ったいに行かないわけには行かない(気合いっ)ので、ほとんどスキップする(気分だけね)勢いで出かけた。

■ 外郎売
歌舞伎十八番より、外郎売。この「十八番」というのは、市川家が得意とする十八の演目を選んだもので、この中にある演目は、市川家の襲名披露興行には欠かせない。本来なら海老蔵さんの父である団十郎さんが主役を演じるはずだったのだけど、5月の幕が開いて間もなく、なーんと白血病に倒れてしまった。急遽代役を勤めることになったのは、ちょうど1年前に襲名したばかりの松緑さん。彼は前名の辰之助時代、新之助、菊之助と共に平成の三之助と言われた同世代の仲間でもある。
大抜擢されたこの大舞台を、元気いっぱいで勤めていた。実に清々しい演技だった。

■ 寺子屋
今月昼の部を観ることにしたのは、この回を観たかったというのが大きい。
だって、仁左衛門さんが出るんだもーん♪以上ーーーっ!(爆)

まぁ、他にも(ついでかよ 笑)玉三郎さん、勘九郎さん、福助さんといった人気役者達が顔を並べ、襲名披露興行ならではの豪華さだ。しかし最後の、身代わりとなって殺させたのは実は我が子だったというシーンでは、仁左衛門さんの迫真の演技に思わずウルウル…。この方、本当に何をやっても上手い。

■ 口上
”とざい、とぉ~~~ざぁぁ~~~いぃ~~っ!”

大きな声と共に幕が開けられると、舞台の上にはズラリと並んだ役者さん達。それぞれ紋付の裃と袴。その色さえも、屋号ごとに決められた色のものを身に付けているのだそうだ。その色がまた、何とも美しい。
順にひとりずつお祝いの言葉を口にしていくのだけど、それぞれのキャラと襲名したご本人との接点によって、かなり面白いエピソードも聞ける。それがまた、楽しみのひとつでもある。
ひと通りお祝いの言葉が終わり、いよいよ主役の海老蔵さんがご挨拶。

”成田屋ぁ~~っ!”

の声が、大向こうからかかる。場内、割れんばかりの大拍手だ。挨拶が終わり、普通の襲名披露口上ならここまでだけど、今回はこれからがまた見せ場。市川団十郎家の役者さんが大きな名前を襲名する時には、なんとお客さんを睨んで見せるのだ。江戸時代には、お正月公演でこうして睨まれると、縁起がいいとか風邪をひかないなどと言われたそうだ。
ゲホゲホ!…2日遅かったかも。(汗)

”ひとつ、睨んでご覧にいれましょう。”

そう言って形を作り、一旦閉じた眼を再び「かっ!」と見開くと、そこには浮世絵から抜け出したような、十一代目市川海老蔵丈の姿があった。場内が拍手と歓声とに包まれる。そして私は再びウルウル…。
今、人を睨んで喜ばれるのは彼だけだ。

■ 鏡獅子
ほんのさっき男らしい「睨み」を見せていた海老蔵さんが、今度は何と女形となっての舞踊。実際私も彼の女形というのはあまり記憶もなく、そういう役者さんの女形というのにはあ~んまり感心しないもんもあるので、正直あまり期待はなかった。やっぱり…なんかねぇ?違和感ってあるもんだしぃ。
ところが、である。うはー、でかいぃ!っていう最初の印象はともかくとして、ものすごーーくきれい!めっちゃ美しいのである。いつもの目をギョロつかせた迫力ある演技とは打って変わって、そこには美しい女形さんが舞い踊る姿があった。
正直驚いた…。
後に獅子の精となって登場してからの力強さは、またいつもの海老蔵さんの姿だった。雄々しい獅子の姿となり、激しくその鬣(たてがみ)を振り続ける姿は、もう市川海老蔵そのものだった。

|

« 現在36.7度 | トップページ | 6/24 六月大歌舞伎・夜の部 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36578/858214

この記事へのトラックバック一覧です: 6/24 六月大歌舞伎・昼の部:

« 現在36.7度 | トップページ | 6/24 六月大歌舞伎・夜の部 »